自分自身をまつ毛で演出する

自分自身をまつ毛で演出する

外見と中身が違う人というのは、実はそんなに珍しい存在ではありません。誰でも自分しか知らない自分、人と接するためのよそ行きの自分、そんな一面を持っているものです。しかし、世の中には他人に対する自分を上手く作れない、もしくは他人に接する自分の存在が大きくなってきて、本来の自分をなかなか出すことができないと悩む人もいるのではないでしょうか。

特に近年ではSNSの利用者が急増し、現実の地味な自分と、SNSでの明るく演出された自分のギャップに違和感を覚えている女性も少なくないでしょう。「オンオフを上手に切り替えられるようになりたい」「外見と中身のギャップに驚かれるのが面倒くさい」と、落ち込んでいませんか?「自分を変えたい」と思っている女性には、まずメイクを変えてみることをお勧めします。

実際には、大抵の女性がメイクの使い分けをしているでしょう。メイクは女性の戦闘服のようなものです。仕事に行く時、合コンに行く時、冠婚葬祭の時などは、きっちりと隙のないようにメイクをきめて行くのに対して、愛する彼とデートする時は、いつもよりふんわりと柔らかい印象のメイクをしていくことが多いのではないでしょうか?つまり、そのメイクの使い分けのやり方次第で、自分の内面を表に出すことも、知らない相手に不要な干渉をされることを防ぐこともできるようになるのです。

メイクの雰囲気を変えるなら、顔の中心にある目の周囲、もっともイメージが変わりやすいまつ毛で試してみるといいでしょう。いつもよりもボリュームのあるつけまつ毛をして、くっきりとしたアイライナーを入れるだけで、目元の印象はかなり強くなります。

同じボリュームのあるつけまつ毛でも、エレガントなものを選ぶか、ゴージャスなものを選ぶかで仕上がりの雰囲気はガラリと変わるでしょう。アイシャドウやアイライナーを合わせれば、様々なイメージを演出できます。目元の印象は対面した相手が真っ先に受け取るものです。「なんだか近寄りがたい人だな…」「親しみやすくて、話しやすい人だ」などと、自分の望む印象を相手に与えることも不可能ではありません。

先に書いたように、人は外見と内面が必ずしも一致しているとは限りません。男性よりも女性にその傾向は多いでしょう。そんなギャップの悩みを簡単に解決してくれるのがメイクです。その中でも簡単にイメージを変えることができるのがアイメイク、特にまつ毛なのだと覚えておきましょう。なりたい自分になること、自分らしい自分でいること、どちらもとても大切なことです。

Post Navigaion