外見から自分を変える

外見から自分を変える

有名な小説の「ジキルとハイド」程ではありませんが、人は誰でも二面性を持っているものです。派手な外見をしていたからといって、正確もそうとは限りませんし、反対も然りです。特に女性の場合は、メイクで外見のイメージをいくらでも変えることができるので、ぱっと見では内面を見抜けないなんてことも当然でしょう。

そこで逆に、「内気な自分を変えたい、自信を持ちたい」と思っていながら、なかなか思うようにいかないという女性は、まずメイクを変えてみてはいかがでしょうか?メイクを変えただけで性格まで変わるわけがないという意見もあるかもしれませんが、「化粧」とは読んで字のごとく、「化けてよそおう」ためのものです。女性たちはメイクの方法によって雰囲気を変える、それだけでなく、気持ちや振る舞いすらもガラリと変えられるのです。

メイクの中でも、もっとも気軽にイメージを変えられる場所といえば、まつ毛を含んだアイメイクでしょう。アイメイクは、アイシャドウやアイライナー、つけまつ毛やマスカラなどです。まず、いつもよりまつ毛にボリュームを出すだけでも、目元がぐっと印象的になります。それに、しっかりとしたカラーのアイライナーを引いてあげれば、「目力」が普段よりも強くなるでしょう。顔全体のメイクを変えなくても、目元だけでいつもと違う雰囲気やイメージに変えることができるのです。

もちろん、メイクのやり方そのものを変えなくても、つけまつ毛やマスカラの色によってもイメージは変えられます。目元の印象が変わると、当然それに合うリップやグロスを選ぶ必要がありますし、その次はメイクに合う服も用意しましょう。シャープでモードな印象のメイクにすれば、当然合わせる服や小物も、すっきりとしたシンプルなもの、タイトなシルエットのデザインなどが似合います。

柔らかい、ふんわりしたナチュラルなイメージのメイクをしたら、服装もフェミニンで素材感を活かしたゆったりしたデザインが良いでしょう。そうしていつもと違う雰囲気に仕上がった自分自身の姿を鏡で見れば、気持ちがキリリと引き締まったり、穏やかになったり、影響を受けるはずです。

「自分を変えたい」と思っているのであれば、まずは目指す自分に合ったメイクをしてみましょう。必要なら、コスメ売り場や店などでメイクやファッションのプロからアドバイスで受けることをお勧めします。真っ先に気持ちや性格から変えようとするとエネルギーを使うものですが、メイク程度であればハードルはさほど高くありません。ぜひ試してみてください。

Post Navigaion